ヤミ金の手口

MENU

ヤミ金のあくどい手口

ヤミ金はいろいろなあくどい手口で融資を誘い、さらに、貸し付けた後は厳しい取り立てを仕掛けてきます。

 

もちろん、いずれも違法です。
それでも、足元を見られ、なすすべを失った利用者に、あの手この手で追い込みをかけてきます。

 

悪徳業者の罠はあなたのすぐそばにも存在します。
よく見てよく考えれば怪しげなことと感じるかもしれませんが、借金で追いつめられた日々を送っていると、つい甘い言葉や安直な誘いに乗ってしまいがちです。

 

くれぐれも真偽をしっかりと見極められる心を持ち、騙されることのないよう気をつけてください。

 

よくある手口

ヤミ金業者が悪徳商売をするにあたりなくてはないものがいくつかあります。

 

その一つは多重債務者や自己破産者の乗った「名簿」です。
これは、法律に準拠したサラ金などでは融資が受けられない人たちが載っているリストで、いってみればヤミ金のメインターゲットとなる、宝の山の地図ともいえる情報です。

 

この情報を使った手口でよく見られるのが、ダイレクトメールを使った勧誘です。

 

大手のサラ金とそっくりのネーミングで、チョット見はその大手貸金業者が発行しているのと見まごうほどのダイレクトメール。

 

そんなメールで、「あなたでも借りられます」といったダイレクトメールが届いたらどうでしょう?
しかも低金利や、高額融資可能となどといった内容を謳っていたら、のどから手が出るほど融資に飢えている人が、思わず飛びつきたくなるのもうなづけます。

 

しかし、いざ融資を申し込むと、希望金がはおろか1万円程度のお金が口座に振り込まれただけ。
そしてその1週間くらい後には、数万円を返済しろなどの督促がかかってきます。

 

よくいう※1「トイチ」や「トニ」どころが「トヨン」「トゴ」といった超高額な違法金利。
この類はヤミ金の常套手段。よく使われている手口です。

 

さらにその督促に応じなければ、親や兄弟、親せきなどに返済の嫌がらせの嵐が容赦なく吹き荒れます。

 

※1:「トイチ」は10日で1割の金利、「トニ」は2割、「トヨン」、「トゴ」・・・の金利がかかるという意味です。